新潟のトラウトフィッシング

新潟県は全域に渡って多くの清流が流れ、そのそれぞれでトラウトフィッシングが楽しめます。

美しい水に恵まれているからこその贅沢です。

移り変わる四季の中で釣りを楽しめるのも新潟のトラウトフィッシングの魅力でしょう。

SCN guide serviceでは新潟のトラウトフィッシングをより多くの人々に楽しんでいただきたいと考えています。

 

登川(解禁日)
登川(解禁日)

残雪の残る解禁当初。山間部では活性は低いものの、冷水で鍛えられたイワナ達が遊んでくれます。

魚野川(春)
魚野川(春)

本流のターゲット、大型イワナが出ます。50cmオーバーも夢ではありません!

魚野川(初夏)
魚野川(初夏)

本流では雪代も落ち着き、大型のヤマメが出始めます。支流では元気なイワナが遊んでくれます。

三国川(夏)
三国川(夏)

夏本番!支流では今年生まれた子供たちもガンガンアタックしてきます。

登川(夏)
登川(夏)

この時期の山間部は本当に美しいです。釣りの合間に景色を眺めての休憩も最高です!

魚野川(夏)
魚野川(夏)

本流では大型のワイルドレインボーやスーパーヤマメが出る期待が!

魚野川(初秋)
魚野川(初秋)

禁漁間近のこの時期、本流での最後の大勝負が楽しみ!

登川(冬)
登川(冬)

雪に閉ざされる長い冬。来年の解禁まで魚達と川はしばし休憩。